ねことらうさぎ

アート、植物、散歩、猫、パン、遠距離介護の合間にあれこれの日々を書いていきます。

ハルジオンが咲く頃、ユーミンの曲を思い出して

この季節、家の周りでは沢山のハルジオンが目につきます。

 

ハルジオンとヒメジオン

どちらがどちらなのか全然区別がつかなかったのですが、

調べてみるとハルジオンは蕾が下を向くらしく、

家の周りに咲いているのは殆どがハルジオンだということが分かりました。

 

花言葉は「追想の愛」とか。

 

この花を見ていると思い出す風景があります。

 

 

 

19歳の頃、

 

通っていた大学の構内、

学生が少なくなった放課後で、

誰かが流していた松任谷由実のニューアルバム。

構内の広場に響き渡っていました。

その時、アルバムの中の一曲

ハルジョオンヒメジョオン」が流れてきたのです。

 

その可愛らしい曲名のイメージとは違って、

少し哀愁の漂う、

それでいて不思議な感覚のする内容の詩と曲。

 

当時の私は自分の才能と将来に対して不安を感じていて、

同時に実家の両親のことでも悩んでいました。

前も後ろも右も左も、

自分の進む道を見出せず、

反面、周りの全てがキラキラして見えていたのです。

 

その曲のタイトルと哀愁漂う詩曲とのギャップが、

悩める当時の自分の心境とリンクしていました。

心の奥まで染み渡っていくようで、

ずっと石段に腰掛けて聴いていたのを思い出します。

 

 

若い頃、

きっとどんな人にも

ブルーな思い出はあるはず。。。

 

 

もしもアレからいろんな経験を重ねてきた

今の自分が声をかけれるとしたら、

どんな言葉をかけてあげれるのでしょうか?

 

 

例えどんなに優しい言葉をかけたとしても、

その頃の自分の前では風にかき消されてしまうのかも知れません。

 

なす術を知らなかった頃だからこそ。

 

 

でも一つだけ声を掛けれるとすれば、

夢を諦めなくていいよ。。。ということでしょうか?

 

いくつになっても

自分が始めたいと思えば遅くはないし

前を向いて一歩ずつ進んでいきたい時がその時だよ。。。と

 

自分にとって本当に大事だと思えるものがあれば

きっといつか、そのタイミングは来るはず

 

 

 

 

 

 

そういえばハルジオンは

蕾の時には下を向いているのですが、

花が咲く頃になると上を向くそうです。。。

 

 

今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。





 

見知らぬ街の散歩、見つけた空き地はまるでお花畑

瀬戸内地方の実家から先週初めに戻り、GWはほぼ自宅で過ごしていました。

 

世間様的には自粛のない久々のGWということもあって

各地で賑わいが戻ってきた様子。

 

そんな雰囲気もあってか、なんとなく全体的な空気感が

リラックスしたムードを醸し出していたような気がしました。

そのせいか、ほぼほぼ家に居たこちらまでもが、

ノンビリと過ごせたような気がします。

 

 

そんなGW中のとある日、

普段行かないような街や公園を歩いてみました。

 

公園の側の小さな駅周辺は、お店もポツポツとしかない程度なので、

連休といえども地元の人しかいません。

 

丁度お昼時だったので、そのポツポツのうちの一軒の喫茶店に入りました。

カフェではなく喫茶店

お店に入って食事をするのも実は久し振りです。

店内のお客さんは地元の高齢者の方達ばかり。

そこで主人はハムカツ定食、

私はホワイトカレー定食というものを食べました。

食後のコーヒーも喫茶店らしいシッカリとした味わいで美味しかったこと。

 

ふと何かが動くのが見えたので入口のガラスドアに目をやると、

なんと一匹の猫が入口の外マットで爪研ぎ中。

すると隣りのお好み焼き屋のオバちゃんがエサの入ったお椀を3つ抱えて出てきて、

お店の前の階段下のスペースに押し込むのが見えました。

どうやらその奥が猫たちの棲家になっている様子。

その後もお好み焼き屋のオバちゃんはホウキで掃除をしたり水を撒いたり。

茶店から丸見えでもお構いなし。

きっといつもの「仕事」なんでしょう。

 

このご近所の喫茶店的なお店の雰囲気といい、

お好み焼き屋のオバちゃんの生活感のある行動といい、

こういった普通な雰囲気にワクワクしていました。

 

こんなふうに心の赴くままに散歩をするのが好きです。

近所でも良いですし、

観光地ではない普通の見知らぬ街など特にワクワクするのです。

そこで出逢う普通の風景や出来事、お店など、

ただただあるがままを味わいながら散歩をするのが面白い。

といっても、まだまだ気を付けながら。。。

少しずつ楽しんでいけたらいいのですが。。。

 

 

 

食事も終わり、お店を出て今回の目的地の公園に行くために

住宅地の中を歩いて行きました。

 

するとそのうちに広い広い空き地が見えてきました。

何処にでもあるような雑草だらけの空き地なのですが、

ちょうどこの季節、様々な雑草も花をつける時期です。

よーく見てみると一面、大小いろんな種類の花が咲き誇っていて、

まるでワイルドフラワーの花畑のようになっていました!!

 

どうかこの空き地がずっとこのままでありますように。。。

と思わず願わずにはいられないほど、

この日一番の散歩の出逢いとなったのでした。

 

 

地味だけど充実感のある一日。

気持ちもリフレッシュ出来たようです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 



 

 

 

実家裏庭ビオトープのその後とメダカの保育園

先週より埼玉から瀬戸内地方の実家に介護帰省中です。

 

2年前、父が実家の裏庭に放置して荒れ果てていた巨大水槽を、

思い立ってビオトープに作り変えたことがありました。

 

その時の様子がコチラ↓

forest-river.hatenablog.com

 

 

その後どのような感じになったのか、ご紹介したいと思います。

 

 

こちらが2年前、作ってから1ヶ月経った時の様子です。

f:id:forest-river:20200328120157j:image

 

ビオトープを作った直後は底砂利を洗わないまま水を入れてしまったので、

濁りがなかなか取れないまま実家滞在期間が終わってしまいました。

なので翌月帰省した時にホームセンターでメダカを買ってきて投入しました。

 

 

 

 

そしてこちらが今年の3月のビオトープの様子

f:id:forest-river:20220327174833j:plain

 

こちらが現在の様子。

水性植物が育ってきました。

 

横から見た様子です。

 

 

そしてビオトープの主役ヒメダカさん達。

こちらは水性植物が生い茂っていて見えづらいので3月の時の写真です。

f:id:forest-river:20220327174851j:plain

 

現在は水性植物の周りなどに卵が産み付けられています。

この時期アオコの掃除をする時に気を付けないと、卵がくっついていることもあるので、

指で確かめながら取り除かないといけません。

 

卵付きのアオコは自称「メダカの保育園」と呼んでいる

庭に転がっていた小さな手水鉢に移して、

一年保育してビオトープに戻すようにしています。

 

もともと父が別の水槽で数匹、黒メダカを育てていたのですが、

ビオトープを作ってからは私がメダカにハマってしまいました。

 

メダカが泳いでいるのを何気に眺めていると、

気持ちが穏やかになっていくような気がして、介護の合間の癒しになってくれています。

来月以降に稚魚が孵るのが今からとても楽しみです。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

実家の裏庭で正体不明の群れに四苦八苦

先週より埼玉から瀬戸内地方の実家に介護帰省中です。

 

一昨日の雨はかなり強く夜中じゅう降り続いていましたが、

翌朝には上がり空気の中にモワッとした湿気を含んでいました。

 

母は前日からの体調も回復して元気はつらつ。

昨日の午前中は訪問リハビリの先生が来訪して下さり、

施術をうけた後に先生と一緒にウォーキングをしたりしていました。

 

 

今回の帰省では、比較的、用事も少なかったので、

昨日は荒れ放題になっている実家の裏庭を手入れしようと思い立ちました。

夕方には前日の雨で湿った土も適度に乾き手入れもしやすいと思ったのです。

 

裏庭の構成はというと、

左半分が父の趣味だった数々の山野草の鉢

(鉢の主は枯れて代わりにシダで覆われている鉢多数)、

中央には母の好きな花木類

(ここも荒れ放題のカオス。草取り命の母は何故か裏庭の草取りはしない)、

右端には姉達のミニ菜園と巨大金魚の水槽やメダカの水槽類、私が作ったビオトープ等など。

そして奥側には好き放題に生えた菊や正体不明の植物が生い茂っています。

 

この正体不明の植物が一体何者なのか。。。?

実家に介護帰省するようになった4年前からずっと気になっています。

 

 

というのも正体不明のこの子達、蔓延り過ぎなのです。

生命力がとにかく凄い!

夏秋を過ぎ冬場には一層、裏庭をカオスにしてくれます。

もう主張し過ぎ!

主張しているわりには花が咲くわけではないので、

どうしたものかとずっと考えていました。

 

両親のどちらかが植えているのだろうと思っていたのですが、

ある時、母が言ったのです。「それは草!」と。

なのに母はこの正体不明の草は抜こうとしないわけで。。。

この子達の存在はかなり庭の印象を悪くしているわけで。。。

 

 

 

そこでもう正体不明なこの子達を駆除しようと決心したのです!

 

 

抜いてみたところ根っこは球根でした。

しかも土の中にびっしりと。。。出るわ出るわ!

球根がジャガイモのようにゴロゴロと出てくるのです。

かと思うと太い根が地中を這っていたりもします。

 

どなたかこの正体不明の植物をご存知の方がいらっしゃいましたら、

ご一報いただけると嬉しいです。お待ちしております!

 

写真を撮るのを忘れたのですが、70Lのゴミ袋いっぱいに取れました。

 

 

 

かなりスッキリ!

。。。といってもスッキリ出来たのはこの一角だけ。

ですが、これだけでも裏庭の印象は激変です。

今回はとりあえずここまで。

なかなか進みませんが、まずは一歩一歩です。

 

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

気圧のせいで体調が変わる高齢者

先週より埼玉から瀬戸内地方の実家に介護帰省中です。

 

今朝、珍しく母はベッドから起きて来ませんでした。

母の部屋に行ってみると布団を頭まで被って寝ていたのです。

夜中じゅう気持ちが悪くて寝られなかった。

今朝も具合悪くてディには行けない。。。と言い張ります。

 

いつもの「ディ行きたくない病」かと思いましたが、

コロナ禍なので念のため体温を測ってみましたが36.2度。

それでも何があるといけないのでディサービスは休ませました。

 

朝食を食べたら復活するかと思ったのですが、

やはり無理そうなので血圧を測ったところ148/82mmHgで高め。

さては。。。と思い気圧予報を見てみたら、

やはり超警戒レベルでした。

午後には激しい雨。

高齢者って的確にお天気に左右されるんだなぁ。。。って、

親の介護生活で分かったことのひとつです。

 

そんな母、雨が小降りになると、すかさず庭に出て草取りをしようとします。

背中は小雨でジットリ。。。でも濡れてないと言い張るのです。

 

調子が悪いんじゃなかったっけ?

どれだけ草取り命なの!?

 

出来れば。。。暗くなるまでずっと降り続いていてほしい。。。

そう願うばかりです。。。

 

 

その後、母は夕方には体調が戻り、

なんとコーヒーメーカーでコーヒーを淹れて飲んでいました!

体調回復して血流が良くなったのでしょうか!?

その調子、やれば出来るね!!

 

 

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

旅のお供は台湾風チキンかつサンド

先日から埼玉から瀬戸内地方の実家に介護帰省中です。

 

今回の旅のお供は、

紀伊國屋さんの台湾風チキンかつサンド。

 

チキンかつは国産丹波赤どりのムネ肉、

パンは紀伊國屋人気のリッチミルクブレッド、

ソースは五香粉が入って台湾風だそうです。

 

新製品というので買ってみましたが、

ムネ肉は柔らかくソースに五香粉が何気に香って食が進みました。

パンもほのかに甘くてミルクの香りがします。

ミルクと五香粉って。。。と思ったのですが、

そういえば中華饅頭の皮って少し甘かったような気がします。

 

う〜ん、お見事です!

 

。。。などと美味しかったので、つい食レポ風にしてしまいました。

実はあまり電車の時間がない中で何か昼食を買わないと、

と思いパッと目に入ったので直感的に買ったのですが、

意外に(…というのは失礼ですが)美味しかったのです。

 

私はまい泉さんのかつサンドやエビかつサンドが好きなので、

容器の形状が似ているのもあって選んでみました。

次から選択肢が増えて嬉しい出会いでした。

 

美味しいものを携えて旅の電車に乗るのって、

ワクワクが広がっていきます。

 

あ、でも旅の目的は親の介護なんですけどね。。。(笑)

 

 

 

紀伊國屋さんの台湾風チキンかつサンドはこんな感じです。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

斜面林でまったり自然観察

先週末は以前から参加したいと思っていた、

地元の自然を守るNPOが主催する自然観察の会に参加してきました。

 

こういうご時世での催しへの参加は久しぶりなので少し緊張はしましたが、

20名弱の皆様マスクをして適度の距離をとり、

気をつけながら参加しておられました。

 

今回、観察した場所というのは、

30年程前に河岸段丘の斜面地を公園化整備した場所で、

当時、市と自然に関心を持つボランティア団体とで検討し、

出来るだけ自然を残す形で整備されたそうです。

 

その後ボランティア団体が中心にNPO法人を設立し、

長年、市内の自然を手入れ保護する活動を続けておられるとのこと。

 

その斜面地周辺も毎月少しずつNPOや市民ボランティアの方々で、

自然の木の小枝を剪定したり下草を刈ったり

落ち葉やゴミを撤去したりして、

適度に地面に木漏れ日が当たるように整備されているようで、

様々な野草を見ることができる気持ちの良い自然公園になっています。

 

 

 

斜面に沿った小径も自然な風合いを残しつつ整備されていて、

柔らかい土を踏みしめながら

林の間をゆっくりと散策できる気持ちの良い場所となっていました。

 

 

その日は傾斜林の樹木を中心に観察。

 

ムクノキ、クヌギ、エノキ、ミズキ、クロダモ、

そして初めて見たのですがウワズミザクラ、イヌザクラ。

丁度まだ花を咲かせていたところです。

 

 

ウワズミザクラ

スマホで慌てて撮ったのでブレブレです。。。

連なった花々がブラシ状に。

こんな種類の桜があるなんて。。。

 

 

シャガ、ヤブニンジン、カキドオシ、スタバウンラン、

ムラサキダイコン、ムラサキケマンアメリカスミレ、

マルバスミレ、ジュロボウエンゴサク、コウニタビラコ、etc...

林の下地や周辺の様々な野草の名前も教えていただきワクワクしました。

 

 

 

参加をしてみて改めて思ったのですが、

人里近くの自然で気持ちがいいと感じられる場所というのは、

いろんな方々の日頃からの努力があるからということ。

今まで気が付かず無関心さに我ながら呆れています。

 

そしてなによりも嬉しかったのは、

同じように植物や木に興味を持つ方々との共感でした。

 

樹木の葉っぱがコチラとアチラの木ではここが違うと感心し合い、

早春のロゼッタ出現に何のロゼッタかワクワクすると共感し合い、

これからいろんな色の緑が一斉に見れて良い季節ですよねと共感し合い。。。

 

小さなことで共感し合えるって嬉しいものですね。

 

 

 

そういえばNPOの方が教えて下さったコオニタビラコ

春の七草でいうホトケノザで、

恥ずかしながら実物を知りませんでした。

花が咲いていなければタンポポかと思ったかも。。。

雑草好きという私の知識ははこの程度。

少しずつ覚えていきたいです。

 

コオニタビラコ(ホトケノザ)

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。